iPad(第6世代)とApple Pencilを買った

タイトル通りiPad(第六世代)32GBモデルとApplePencilを買った。

f:id:re1ns:20180610224501j:plain

これを買った理由は2つあって

  1. 今使ってるスマホが寿命的に全体的な動作が怪しかったので、それなりに快適に動作する端末が欲しかった
  2. 外出時(大学での空きコマだったり帰省した時だったり)にもデジタル絵を描きたかった

1はともかくとして、2の理由で買う人は多そう。流石に液タブは持ち歩けないし。

 

フィルムとかケースはAmazonで適当に安くてレビューもまあまあ良いやつを買った。Pencilを裸で持ち歩くのは嫌だったのでそれ用のケースも買った。

 

 

  iPad用のClipStudioは月額(年額)制だが、最初の6ヶ月間は無料で使える。ただし、このためには何らかの支払い手段を自分のApple IDに登録しておく必要がある。クレジットカード等があるなら問題ないが、無いなら一番安いのでいいのでiTunesカードを買っておこう。

 このiPadは9.7インチ、大体A4用紙を半分に折ったくらいの画面サイズである。ちょっと狭いんじゃないか?と思ったけど諸々のメニューを折りたためば(デフォルトでそうなっている)割と快適に描けた。多少の視差はあるけど液タブのそれと大差ないので問題なかった。

  バッテリーは1時間あたり10%ちょっとは減っている気がする。若干消費が激しく思えるが、まあ外出先で5,6時間も描かないし大丈夫でしょう。

 

 家の中でも布団に寝そべりつつ描けるのでめっちゃ強い。キーボードショートカットは使えないから作業効率は落ちるけど。

 

 そしてこれはテンション上がって液タブの上にiPad置いて絵を描く謎行為に走った跡。

f:id:re1ns:20180610224415j:plain

 机に向かう気力があるなら液タブ使った方が描きやすい(それはそう)。

 

おわり

USBポートにディスプレイを繋げるやつを買った

 ノートPCに液タブ繋げて使っていると必然的にノートPCは奥の方に設置することになる。僕はこのような配置にして使っていた。

f:id:re1ns:20180425231130j:plain

 この配置だと(液タブの縦幅)+(キーボードの縦幅)+(ノートのキーボード部分の縦幅)分ノートPCのディスプレイが遠のくわけで、かなり小さく感じる。というわけでディスプレイを新たに1枚追加することを検討していたけど悲しいかな僕の使っているノートPC(Inspiron 14 7000)にはHDMIポートが1つしかない。VGA端子とかも付いてない。

 

 しかし調べてみるとUSBポートをHDMIポートに変換するアダプタが存在したので購入した。玄人志向VGA-USB3.0/HDMIというもの。

www.kuroutoshikou.com

ドライバのインストールCDがついてくるけど、Win10だと弾かれてるのでダウンロードしてくる(DisplayLink USB Graphics Software for Windows)。ドライバ入れ終わったらこいつをUSB3.0ポートに挿してディスプレイを繋げる。

f:id:re1ns:20180425233430j:plain

 特に問題なく映った。遅延とかも特に感じない(ゲームする人とかにとってどうかは分からない)。とりあえず、絵を描く時の資料を表示したり、twitterしたり、動画サイトを眺めたりといった使い方では問題ない。

 

 

ここまでノートPCに無理させるくらいならデスクトップ買ったほうが幸せになれる気がする。

 

液タブ(GT-156HDV2)を買った

My new gear......

f:id:re1ns:20180104195846j:plain

HUIONの液タブGT-156HDV2を買いました。ありがとうございます。

ちなみにHUIONは中国では「絵王」と書くらしいです。強そうですね。

年末年始だからかAmazonで¥49,000(元々は¥68,000くらい)と液タブとしてはかなり安価だったので思い切って購入。レビュー見る限り割と良さげだったので。

 

公式サイト → https://www.huiontablet.com/all-products/pen-tablet-monitor/gt-156hd-v2.html

Amazon → https://www.amazon.co.jp/HUION-液晶タブレット-Kamvas-GT-156HDV2-アンチグレアガラス搭載15-6インチフルHD超薄型デザイン液晶/dp/B0779CG2QQ

 

カタログスペックについては上を読めば分かりますが、ざっくりまとめると

  • 画面サイズは15.6インチで解像度は1920*1080
  • 筆圧感知は8192段階
  • 寸法は432*264*14.8mm

という感じです。解像度はWacomのやつに比べたら低いけど15.6インチでフルHDなら十分とは思う。あっちは16万くらいするので流石に手が出ないですね......

筆圧レベル、最近のはこんなすごいんですね。僕の使っていた板タブは確か2048段階でこれでも全く不便は無いんですけどね。

 

内容物は

  • 液タブ本体
  • スタンド
  • ケーブル(PC側はHDMIとUSB+電源、液タブ側はminiHDMI)
  • ペン(2本)
  • ペンケース(替え心*8付き)
  • ドライバインストール用のCD
  • 手袋、画面拭き
  • 説明書

という感じでした。 

ペンの予備があるのは嬉しい。このペンは充電式なので使ってない方は充電しておくとよさそう。

本体はこんな感じ。

f:id:re1ns:20180104213208j:plain

最初からノングレアのフィルムが貼ってある(?)みたいで映り込みがなくてうれしい。

f:id:re1ns:20180104210330j:plain

タブレットの端に14個(大*4と上下左右真ん中*2)のエクスプレスキーがあるのでショートカットの登録が捗る。真ん中のタッチパッドは拡大縮小が出来たのでめっちゃ便利だった。

スタンドの上にただ本体を置くだけなので、ネジで固定するタイプよりは安定感がないかもしれない。普通に描いてる分には何の影響もなかったけど。

 

HUIONのペンは先端が少し沈み込むのでWacomのペンタブ使ってた人にとっては使い辛いかもという情報を聞いていたけど、そこまで気にはならなかった。クルトガ的な書き心地だったのであれが苦手な人は苦手かも。

 

届いて約半日触ったところ大きな不満もなかったので良い買い物だったと思う。

 

元々僕はスマホで絵を描いていたので原点回帰(?)した感がありますね。やはり画面に直接かけるのは良い。

 

 

 

おわり

Live2Dを使ってみた話

 この記事は「実質K高専アイドルマスター同好会 Advent Calendar 2017」の12月17日の記事として書かれています。

adventar.org

 

 タイトルの通りLive2Dを使って自分の描いたイラストを動かしてみましたが、よくよく考えるとアイマスとはほぼ関係ないですね。動かすのはアイマスのキャラクターなので許してください。

 

Ⅰ.Live2Dとは

 公式サイトを見ましょう。→ Live2D ってなんだろう? | Live2D

 簡単に言えば1枚の絵を動かせるやつです。 

Ⅱ.Live2D Cubismの導入

 ここからダウンロードしました。"Download Cubism Editor"をクリックすればダウンロードが始まります。

 無料版ですが、一定期間は有料版を体験できるようです。今回は無料版で使用します。

 

Ⅲ.素材となる絵を描く

 動かすにあたって

  • 髪があまり長くない
  • 髪を結んだり巻いたりしていない

キャラを選んだ結果、乙倉ちゃんに決まりました。上の2つに当てはまると動かすのがめんどくさそうなので……

 パーツごとに分けて描きます。今回は以下のように分割して描きました。1枚絵の状態だと隠れるが、動きによっては見える可能性のあるような部分もしっかり描いておきます。(後ろ髪とかね)

f:id:re1ns:20171211105758p:plainf:id:re1ns:20171211105825p:plain

 この分割の仕方だと結構動かしにくかったのでもう少し細かく分割したほうがよかった。(白目と黒目を分けたり、髪の左右部分を更に2分割したり)

 レイヤーをパーツごとに統合し、psd形式で書きだします。ClipStudioやMedibangPaintもpsd形式での出力に対応してるので安心です。

 

Ⅳ.CubismEditor(Modeler)でモデル作成

 ざっくり言うと作った各パーツがどのような変形や移動、回転をするのかを設定する作業です。

1.モデルを読み込む

 CubismEditorを起動してpsdファイルをドラッグ&ドロップすれば終わりです。楽。

 パーツを選択して、[メッシュの自動生成]ボタンを押せばその名の通りメッシュを作ってくれます。細かく変形させたい場合はやっておきましょう。

2.回転デフォーマの作成

 [パーツ]ウィンドウから回転させたいパーツを選択(複数選択可)し

 [モデリング]→[デフォーマ]→[回転デフォーマを作成]→[作成]

とすることでひとまず完了です。

 次に先程作成した回転デフォーマを選択し、いかにも回転の中心を表してそうな部分(下図参照)をCtrlを押しつつドラッグして移動させます。この部分が回転の中心となります。顔の場合は顎の先端にしておくと良さそうです。

f:id:re1ns:20171212132127p:plain

 尚、上の黒い丸付近でドラッグすると回転することができます。試しに回してちゃんと設定できているか確認しておきましょう。

 回転デフォーマの他にワープデフォーマというものもあります。これは多分パーツを移動させたい時に使います。

3.パラメータの設定

 動かすためのパラメータを設定します。顔を回す(首を傾げる)動作と目の開閉についてのみ説明します。

 3-1.顔のパラメータ設定

 まず回転デフォーマを選択し、[パラメータ]ウィンドウから[角度Z]をダブルクリックします。角度XでもYでも構いません。今回、顔は「左に傾げる」「正面を向く」「右に傾げる」の3パターン作りたいのでパラメータは3つに分割します(下図参照)。

f:id:re1ns:20171211113840p:plain

 次にパラメータを設定していきます。以下の手順で設定します。

  1. パラメータ値が-30.0の部分に、パラメータウィンドウの赤い丸を合わせる。
  2. 回転デフォーマを回転させ、顔を左に傾ける。(不自然な恰好にならない程度に)
  3. パラメータ値0.0(正面)、30.0(右)についても同様に1,2を行う。

 これで角度Zを-30にすれば左、30にすれば右に首を傾げるようになります。パラメータウィンドウの赤い丸をスライドさせることで動作を確認できます。

 3-2.目のパラメータ設定

 目に関するパーツを選択し、[パラメータ]ウィンドウの[左目 開閉]をダブルクリックします。(これから察するに左右の目は別々に設定するようですが、僕は左右まとめて描いていたので左目の開閉に右目の開閉も委ねます。)

 今回は回転ではなくパーツを変形させます。変形させたいパーツを選択していい感じに変形します。(メッシュ変形で綺麗に変形させようとするとなかなか難しかった)

 そして3-1と同様にパラメータを3分割し「開く」「半目」「閉じる」の3つを作成。半目は要らないような気もするけど一応ね。

f:id:re1ns:20171211120819p:plainf:id:re1ns:20171211120833p:plain

半目と目を閉じた状態はこんな感じ。

 3-3.その他のパーツのパラメータ設定

 口の開閉、左右の髪の靡き、眉の上下を設定しました。どれも3-2と同様に設定できます。最後にモデルを保存して終了です。(拡張子は.cmo3)

 

Ⅴ.CubismEditor(Animator)でアニメーション作成

 CubismEditor左上の[Modeler]をクリックすると[Animator]に切り替わります。[タイムライン]ウィンドウに先程出力したcmo3ファイルをドラッグ&ドロップし開きます。

 [Live2D/パラメータ]項目を開くと先程設定したパラメータが表示されます。以下の手順でアニメーションを設定します。

  1. アニメーションを設定したい時間の所にピボットみたいなやつを移動させる。
  2. その時間における各種パラメータを設定する。
  3. ↑を繰り返す。
  4. タイムライン上部の橙色のバーを移動させて再生時間を決定する。

 例えば、目の開閉に関するパラメータを0秒のところで目を閉じた状態、1秒のところで目を開いた状態に設定すれば、1秒かけて目を開くようになります。

f:id:re1ns:20171211124543p:plain

再生ボタンを押すとアニメーションが再生されます。間違いがなければちゃんと動いてくれるはずです。

 

Ⅵ.完成

[ファイル]→[画像/動画書き出し]→[gifアニメ]

でGIFとして出力できます。無料版だと720px*720pxが限度です。

完成したのがこちら

f:id:re1ns:20171211125528g:plain

 すごい。(自画自賛)

 

 所要時間は絵を描くのに1時間、動かすのに2時間の計3時間くらいでした。

 この程度の動きなら慣れればサッと作れそうです。

Ⅶ. 反省点(?)

 最初の方にも言ったように、パーツの分割が雑すぎた。綺麗に動かしたいならもっと細かく分割しておくべきだった。それに加えて、線画が結構太めだったため変形時の線の歪みが気になった。もう少し細くて良さそう。

 どうしても元画像を変形させるのみで目や口を完全に閉じた状態を作り出すのは難しかった。これらに関しては差分パーツを作ってその表情になるときにそのパーツをフェードインさせる等で対応できそう。

 

Ⅷ.後日談

 この記事を描いたのは12/11(火)でした。担当日である17日まではまあまあ時間があったのでもう1つ作ってみました。よしのんです。昨日ツイートしてたやつです。

f:id:re1ns:20171216194357g:plain

 パーツ分けはこんな感じ。前のに比べるとかなり細かい。

f:id:re1ns:20171216194457p:plain

 髪は細かく分割したところで滑らかに動かすのは難しかった。特に後ろの結んでる部分。

 上で述べたように口は開いた状態と閉じた状態でパーツ作っていい感じにしました。

 あと黒目が動くようになったり、若干ながら左右に顔の向きを変えられるようになりました。

 

Ⅸ.まとめ(感想)

 不慣れでもまあそれなりに動いてくれたのですごいなーとなった。

 詳細な使い方は調べたら豊富に出てくるので、デジタルイラストを描ける環境がある人は是非触ってみてください。(Live2D Cubism Editorはwinとmacに対応してます)

 

 

 

 

明日12/18(月)の担当は干柿(@phoshigaki)君です。

 

 

 

 おわり

薫ツアー

ラウンド専用+ちょっとで歩いてたら3000位以上を維持できていたので、せっかくなので2000位狙うことにした。アイテムも足りそうだったし。

戦力としてパワー持ち切れ待ちだった [シトロンデイズ]喜多見柚 を早めに迎えた。イベ終了時の相場を見るとスタ30くらい損しているっぽい。まあ多少はね?

 結果

2000位目標だったけど、まさかの1498位。ヘルトレ美味しい。

ちなみに1500位とは7000ptくらいしか離れてなかった。

f:id:re1ns:20171010121429p:plain

報酬のSR確定で [ライズバイビギン]水木聖來 を引いた。Coは使わないのでフリトレに(スタ65程)。

編成

攻発揮値は約180万。超絶5枚(or超絶4枚+メダル枠)が発動すればMASTERもワンパンできた。

f:id:re1ns:20171009231006p:plain

f:id:re1ns:20171009231021p:plain

ついにフロントから21コスが外れた。我ながら、そこそこフロント強くなったと思う。

 

雑感

イベント開始時はLPドリンク30本、LPドリンク(1/6)500本くらいだったと思う。プラチケは特に貯蓄してなかった。期間中に貰えたプラチケは全部回してLPドリンクに変えた。

このイベントめちゃくちゃスタ走りしにくいので辛かった。敵を保留(?)しながらお仕事ってのができないからね。

このイベントでLv193→195になり、スタミナが500になった。今年中にLv200行けそう。そしてそろそろプロダクション抜けてステータス傾向調整したい。

 

フロントが超絶で潤ってきていいぞ~~と思っていたら究極が来てちょっと悲しい。

美羽ドリフ

・パワー持ち切れ待ちだった月末のお月見ユッコが今回も引き続きパワー持ちだった為我慢できず迎えた

・月末ではない影響かボーダーが結構低そうだった

ということで当初パーチケ狙いだったのを2000位目標に切り替え。

 

f:id:re1ns:20170919180118j:plain

オイオイオイ

2000位まであと10万pt程でしたね...無念。

チームに2桁順位まで走ってる方がいたおかげで初の全勝ができたので、まあ

 

少し前に攻コスを少なめにステ振りなおした故にエナドリの消費が激しく、最終日はほぼ素殴り(?)しかできなかったのが痛かったかもしれない。イベント走るときはスタエナの貯蓄もちゃんと確認しておきましょう。

 

もう始まってますが次イベはアイバラ。1年4ヶ月ぶりくらいらしい。仕様とか何も覚えてない...

 

千枝ロワイヤル【終了】

お疲れ様でした

f:id:re1ns:20170831210642p:plain

あぁああ...(1500位まで約700pt)

まあ、前回獲得した茜と共に走り抜けるという目標は達成できたので良しとしよう(2000位以内には入れてるしね)

f:id:re1ns:20170831212909j:plain

千枝はガチャで引いた夏美と合わせてフリトレに流しました(それぞれスタ255、300)

 

初めてロワイヤルを走った雑感(というか走る上で気にしておくこと?)

・BPドリンクの入手が結構渋い

 メダル1箱目が浅い上に2箱目がない。EXではあんまりドリンク類は出てこない。

 ラウンドごとの報酬もない(累計順位点によっては貰える)

・1ラウンドで走り切った方がよい

 ラウンド毎に敵のレベルはリセットされるので毎ラウンドちまちまレベル上げていくよりは1ラウンドで一気に上げて高レベルを倒し続ける方が良い。高レベルを倒した方が貰えるptが多い、と思う。

 しかし、走らないラウンドでもお仕事はエンドレスまで進めると良い。(少しだけBPドリンク1/5等がもらえるので)

・攻コストを使用した応援は積極的に利用する

 まあこれは攻コスト使うイベント全般に言えることですね。

 

ざっとこんな感じかな。多分調べたらもっと親切に解説してる方がいると思う。

 

ロワイヤルのSRは衣装の雰囲気が統一されていて好き。僕がモバマスを真面目に(?)プレイし始めた時の最初のイベントがロワイヤルで、その時のメダルSRのしゅがはには長らくお世話になってたな~~

 

茜のパワー持ちも切れることだし、2000位入賞を目指して走るのはしばらくお休み。

スタドリの貯蓄が少し復活したので暫くは戦力を強化しつつまったり進めたい。